【巨人】9位ホセ・ロペス、好きなエルチャモ ガチャピンでビールかけ…G党の心に残る外国人打者ランキング

9位ホセ・ロペス
9位ホセ・ロペス

◆9位ホセ・ロペス

 巨人史上最強助っ人は誰なのか―。4月23日付の紙面で掲載した投手編に続き、今回は野手編です。1980年以降に在籍した支配下選手を対象にファン投票を実施。G党の思い出のバッターをランキングし、担当記者による秘話も紹介します。大好評コラム「ヒルマニア」でおなじみ蛭間記者の「助っ人列伝」では、戦後初の外国人選手となった与那嶺要ら懐かしい名前も登場。隅々までお楽しみください。

 * * *

 9位のホセ・ロペスは大のサッカー好き。巨人時代はターニー通訳(現ストレングス&コンディショニングコーチ)から、自身の愛称「エル チャモ」(悪ガキという意味)が入った特製のサッカー日本代表ユニホームをプレゼントされ「日本で成功できるように頑張ります」と感激した。

 新潟遠征の休日にはJリーグ新潟の本拠地、ビッグスワンを訪問。フィールドまで入れて「美しいスタジアムだね」と大喜びで記念写真に納まった。日本文化を愛し、ビールかけは13年ガチャピン、14年はジャイアンの着ぐるみ。日本人選手とよく食事に行ってチームに溶け込んでいた。(片岡 優帆)

 ▼G党の思い出

 「マー君からシリーズで本塁打」(20代・男性)

 「長野選手とライトゴロを狙っていたこと」(50代・女性)

 「阿部の肩を抱きベンチで話すのも面白かった」(30代・女性)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請