Jリーグ、6月7日までの全公式戦開催延期を発表

今季の開幕戦(横浜M―G大阪)の様子
今季の開幕戦(横浜M―G大阪)の様子

 Jリーグは30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、5月30日から6月7日までの全公式戦の開催延期を発表した。対象はJ1、J2、J3の計49試合で、6月13日以降の開催は未定。

 これまでは5月27日までの公式戦が延期となっていたが、今回は新たにJ1第16節の9試合、J2第18、19節の22試合、J3第11、12節の18試合の延期が決定。これで未消化となる公式戦はJ1~J3、ルヴァン杯を合わせて計486試合に上る。

 Jリーグは2月26日から公式戦が中断。最短では6月13日に再開する可能性を残しているが、政府の緊急事態宣言が延長された場合は、さらに日程がずれ込む可能性が高まる。Jリーグは6、7、8月の3パターンの再開を想定し、感染予防の観点から無観客試合での開催も検討している。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請