【広島】床田寛樹、予定半分以下の37球に反省「しっくりこなかった」

スポーツ報知
広島・床田寛樹投手

 広島の床田寛樹がマツダのマウンドで、自主練習開始後初めて投球。37球で感触を確かめた。「しっかり投げないといけなかったが、しっくりこなかった」と予定の80球に達せず反省した。

 1勤1休になってからはブルペン投球できる日も限られているため、投球日は特に集中力を高めている左腕。「試合が始まれば、しっかり投げられるようにやっていきたい」と気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請