【ヤクルト】雄平、感染予防対策でのプレー難しい「感情を抑えなきゃいけない…」

アプリで取材に応じ、画面に手を振るヤクルトの雄平(球団提供)
アプリで取材に応じ、画面に手を振るヤクルトの雄平(球団提供)

 ヤクルト・雄平外野手(35)が29日、神宮での自主練習後にオンラインで取材に応じ、開幕から無観客で開催される方針に対して試合中に感染予防対策をしながらプレーする難しさを明かした。

 現時点で開幕後の対応策は決定していないが、専門家チームからはベンチでのマスク着用や、かけ声自粛などの措置が提案されている。「想像してみたんですけど、結構気をつけないといけないなと。チームメートが打ったら喜んでワーってなっちゃう。自分が打っても、よっしゃってなりますし」。自身を含め、プレー中の衝動や感情の爆発は自然なものだ。

 例えば、サヨナラ勝ちや好プレーが出た時にどう反応するのか。「試合の時ってどうしても無我夢中というか、気持ちも入っていますし、普通の感情が出ることを抑えなきゃいけない。相当な意識を持っていないといけないので、純粋にプレーすることが難しいんじゃないかと思います」と複雑な胸中を口にした。

 現在は打撃、ウェートなどバランスよくトレーニング。普段はない投手陣とのランニングなどで新たな刺激を得ている。「十分に練習できているんですけど、試合がやりたいです」と切望した。(田島 正登)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請