志村けんさん冠番組の新作「志村友達」始まる…視聴者も笑いながら涙「感情がわからん」

志村けんさん
志村けんさん

 3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため死去したコメディアンの志村けんさん(享年70)が生前、フジテレビ系の深夜帯で出演を続けてきた冠番組シリーズの新作「志村友達」(火曜・深夜0時55分)が28日からスタートした。MCは「千鳥」の大悟(40)、「アンタッチャブル」の柴田英嗣(44)が務める。

 天国の志村さんとともに、新たな冠番組がスタートした。志村さんは96年10月の「志村X」から20年3月に終了した「志村でナイト」まで17作品に出演。通算18作目となる「志村友達」は当初、志村さんが豪華ゲストとトークする内容の番組だったが、急な悲報で一度も収録は行われなかった。

 この日は番組冒頭で「この番組では志村けんさんが24年続けてきました爆笑映像を振り返ってまいります。どうか笑って偲んでいただけたらと思います」と呼びかけられた。

 初回ゲストはダチョウ倶楽部・肥後克広(57)と上島竜兵(59)。それぞれがお互いの間隔を空けながら名作コントを見て、感想を語り合いながら故人をしのんでいた。

 またツイッター上でも、視聴者がコントを見ながら「志村友達、たまんねぇなこれ!!」「面白すぎて夜中に笑い止まらん。本当に志村さんは偉大」「オープニングから涙出るし笑いながら涙出るから自分でも感情がわからん」などと多くの感想が書き込まれていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請