【横浜M】差別撲滅へ声明発表…SNS上で所属選手への差別的発言・誹謗中傷が確認

横浜Mのエンブレム
横浜Mのエンブレム

 J1横浜Mは28日、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行っていく声明を出した。

 クラブは「ここ最近、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にて、弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発言などが、日常的に見受けられるようになっていることが確認されております」と現状を説明。「横浜F・マリノスは、2014年の弊クラブサポーターによる差別的行為の後、「『FAIR PLAY, FAIR SUPPORT』差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません」をスローガンに、人権啓発活動を行っております」と続け、「そのような中、このようなことが起きたことは非常に残念でなりません。横浜F・マリノスは、いかなる差別的な行為も絶対に許すことはありません。これからも、横浜F・マリノスは、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行って参ります」と発信した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請