赤星憲広氏、いまだ行列のパチンコ店に苦言「残念で仕方ない。医療従事者の映像を店で流したらいいんですよ」

赤星憲広氏
赤星憲広氏

 28日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

 番組では、休業要請に応じず、営業を続けているパチンコ店について、西村康稔経済再生担当相(57)が罰則検討も視野に入れているとしたことを取り上げた。

 そんな状況下にも関わらず、大阪・堺市のパチンコ店に行列ができている映像を見たコメンテーターで出演の元阪神で野球解説者の赤星憲広氏(44)は「パチンコ屋さんの中でも、しっかり休んでいるところがいっぱいあるわけじゃないですか? 要請に従ってね」と話し始めると、「とにかく5月6日までは(自粛要請に)協力しようという態勢にならないことが今の日本の問題と思うし、先ほどのVTRをパチンコ屋さんで流してくれないかなと思うんですよ」と、直前に番組が紹介した最前線の医療従事者が命がけで診療にあたっている映像のVTRを当該の店で流すことを提案した。

 その上で「(店に)行っているお客さんに見せて欲しい。聞いていると、自分は大丈夫だとか言ってますけど、そういう風になった人(患者)を見なきゃいけないのは、ああいう人たちなわけですよ。ごく一部にああいう人たちがいるのが、僕は残念で仕方がないですよ」と憤っていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請