クドカン、岡江さん思い自責の念…「うかつな行動で多くの人を濃厚接触者に」

宮藤官九郎氏
宮藤官九郎氏

 新型コロナウイルスから回復した人気脚本家・宮藤官九郎氏(49)が27日、月曜パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ACTION」(月~金曜・後3時半)の生放送に2週連続で電話出演した。

 宮藤氏は改めて「うかつな行動で多くの人を濃厚接触者にしてしまった」と謝罪。「そう思うには理由があって、一番大きいのは岡江久美子さん」と切り出した。自身のバンド「グループ魂」のミニアルバムのジャケットに岡江さんを起用した縁があり「気さくで元気な人。感染したってニュースもなく訃報が飛び込んで…」と衝撃を受けたという。

 宮藤氏は入院初日に「今夜が山です」と医師に言われたというが、アビガンの早期投与で回復。「自宅待機中に亡くなった人、検査を受けられない人。自分がかかっていなかったら、そのぶん誰かが助かったんじゃ…」と自責の念にかられていると言い、リスナーにも「自分は大丈夫と過信しないでください。後から悔やんでも遅い」と呼び掛けた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請