阪神OB片岡篤史氏「初めて死を感じた」アビガンで回復したコロナの怖さ語る

スポーツ報知
片岡篤史氏

 新型コロナウイルスに感染して入院し、24日に退院した野球評論家で日本ハム、阪神OBの片岡篤史氏(50)が27日、大阪・カンテレのニュース番組「報道ランナー」でテレビ電話取材に応じ、「初めて死を感じた。帰れないんじゃないかと…」などと闘病生活の恐怖を語った。

 発熱と肺炎のため7日に入院し、8日に陽性が確認された。9日に治療薬とされる「アビガン」の投与を受けて快方へ。「3日したら(12日から)熱が下がった」と説明した。14日に公表したYouTubeの動画は症状が改善されてから撮ったものという。

 入院中は「座るだけで苦しい。気管が狭まるというか。数メートル先のトイレに歩くのもしんどい」生活。看護師ら医療従事者に「正体の分からないコロナ菌と最前線で闘っている」と感謝した。現在は「しばらく自粛しないといけない」と家族と離れて過ごしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請