【ソフトバンク】東浜巨、母校へマスク1万枚「皆で笑い合える日を楽しみに」

東浜巨
東浜巨

 ソフトバンク・東浜巨投手(29)が27日、母校の沖縄尚学高に1万枚の医療用マスクを寄贈した。

 依頼を受けたイベント会社がこの日、同校を訪問。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、寄贈式への出席を見送った東浜は「皆で笑い合える日を楽しみに、前を向いて日々を過ごしていきましょう。一緒に乗り越えていきましょう!」などと記した直筆の手紙を添えた。母・孝子さんが看護師でもある右腕は自身が卒業した小、中学校に加え、出身地の沖縄県、うるま市などにも計4万枚を寄贈する予定。初の開幕投手に指名されており、ペイペイDで自主練習を続けている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請