【オリックス】山本由伸、結婚したいチームメートはディクソン?比嘉?「一緒にいると幸せそう」インスタライブ 

インスタライブを行ったオリックスの山本由伸(オリックス公式インスタグラムから)
インスタライブを行ったオリックスの山本由伸(オリックス公式インスタグラムから)

 オリックスの山本由伸投手(21)が25日、大阪・舞洲(まいしま)の球団施設での自主練習後に、球団の公式インスタグラムで行われたライブに登場した。山本がファンが応募した質問を選んで答える形で、約45分間オンライン上でファンとの交流を楽しんだ。

 現在チームでは自主練習という形が取られているが、練習以外の時間については「映画を見たり、だらだらゴロゴロやっています」と明かした。中でも映画はたくさん見ているようで「最近はNetflix(ネットフリックス)や、Amazonプライムとかで映画やドラマを見ているんですけど『ペーパーハウス』って強盗のドラマにハマっていて。他にも最近おすすめとかをみんなが教えてくれるので、見たいものがいっぱいあって、意外と忙しいです。榊原(翼)がおすすめしてきた『7番房の奇跡』って映画はめちゃくちゃ感動したので、みんなハマると思います」と熱く語った。

 また山本は昨季、初タイトル(最優秀防御率)を獲得し、国際大会「プレミア12」でも日本代表として活躍した。今季さらなる飛躍が期待される高卒4年目のもとには、野球に関する質問も多く寄せられた。最速158キロの直球が持ち味なこともあり「今の時期にできる球速アップ法」を聞かれると「家でやれることって限られてるので、イメージトレーニングとか、気持ちを高めておいて、野球をやりたいなという気持ちを切らさずに持っておくのがいいんじゃないでしょうか」と優しい口調でアドバイス。自信のある変化球については「いつも困ったときはカットボールかフォークか、たまにスライダーですね」と手の内を明かした。

 「見逃し三振と空振り三振だとどっちが好きか」に対しては「めっちゃいい質問!」と目を輝かせ「真っすぐで空振り三振を取れたらうれしい。(見逃すより)空振りした方が勝った感じがしますね」とうなずいた。また野球少年に向けてのメッセージを問われると「僕は今も野球が楽しいんですけど、うまくなりたい気持ちと楽しい気持ちを持ってやってほしいです。その気持ちを持つことがうまくなるコツですね」と楽しむことの大切さを口にした。

 チームメートに関する質問も多く、同期入団で仲の良い山岡については「めっちゃチャラいって言ったらら怒るから(笑い)。すごい面倒見がいいし優しいしオシャレで、野球の話もしますけど考えてやっているので参考になります」と明かした。実家が隣同士という頓宮とのバッテリーについては「取るのがうまくて楽しいなという感じ。家の前でキャッチボールとかしてたので、不思議な感じで楽しいです」とうれしそう。

 チームでイケメンと思う選手については「小田さんかな、海田さんかな、どっちもかっこいいですね」と笑顔を見せ、結婚したい選手について「ディクソンとかかっこいい、紳士で優しい。日本人だと比嘉さんとかかな、一緒にいると幸せそう。東明さんも優しくていいですね。増井さんは若手にまで丁寧に話してくれてうれしいです」とチームメートを褒めまくった。またプレミア12にも一緒に出場した吉田正については「マイペースで何を考えているか分からないけど、野球のことになると繊細で一流」と褒めた後「ロッカーの汚さも一流ですね。ビジターで3日しかいないのに、初日から散らかしています」と意外な一面も明かした。

 背番号18を背負って臨む今季、開幕が待ち遠しい日々だが、最後はファンに向けて「みなさんも野球を見たくて楽しみにしてくれていると思いますけど、僕も試合が楽しみなので、この期間もしっかり体調管理をしつつ、練習をしっかり頑張って、開幕したらベストなコンディションでプレーできるように頑張ります。コロナウイルスが落ち着いて開幕できたら、ぜひ球場に見に来てください」と元気に呼びかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請