馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

知っている血(栗東)

 こんにちは、山本です。まだまだ連続更新シリーズは3日目ですし、余力は十分に残っております。では、本日もパッチパチといきますか。

 さて、子供の頃に見ていたテレビ番組って30年以上経っても、妙に覚えていたりします。で、この年でも「懐かしVTR」で当時の映像を見ると、結構面白かったりする。特にワタクシ、クイズ番組が好きでして、クイズダービーとかアップダウンクイズとか、アメリカ横断ウルトラクイズなんて、今でも十分に楽しめる。クイズに関しては、ルールが複雑なモノよりも、シンプルなモノが好き。まぁ、逸見さんが出ていた世界はSHOW by ショーバイぐらいは中学生の頃、毎週、楽しみに見てましたが…。

 そんな中でNHKの「連想ゲーム」という番組もよく見ていたんです。正直、今見ると、よく子供が楽しみにしていたな、という渋い内容。けど、今よりも「脳力」を使うことが好きだった当時は必死で考え、見入っていたものです。とはいえ、この番組名なんて久しく忘れていたんですが、今回の岡江久美子さんの訃報で思いがけず接することに。正直、ワタクシにとっては「はなまるのお母さん」よりも「連想ゲームのお姉さん」のイメージ。いずれにせよ、本当に悲しいニュースでした。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 ということで、当ブログはそろそろ本題の競馬の話題へ。今日は安田翔厩舎の2歳馬について、触れたいと思います。

 まずは、すでに栗東に入ってます【キトゥンズワルツ(牝、父Air Force Blue、母Dance With Kitten)】ですね。馬主はキャロットF。伯父に叔父に米G12勝のディヴィシデロを持ちます。米国色の強い血統構成なんですが、「スピードトレーニングにも対応できています。手脚がスラッとしています」と安田翔調教師は説明します。今後の適性などは、自身が騎乗してから決めていきたいとのことですが、短いところにはなるんじゃないでしょうかね。

 同じく栗東にいるのが【ジャンカズマ(牡、父ハービンジャー、母モンローブロンド)】です。こちらはお母さんが重賞2着などがあった馬で、近親にはロジユニヴァース、ディアドラなど活躍馬がズラリと並びます。19年のセレクト1歳で8400万円がつきました。実は全兄も安田隆厩舎時代に接していたようなんですが、「あの馬はいい馬でも、力強さが先行していたんです。この馬は重さが見受けられない」と手応えをつかんでいます。個人的にはお母さんをPOGで指名していて、好きだったんですけど、この馬も「走りからマイル前後かなという感じですね」と短距離が主戦場となりそうです。

 続いては【リリアンフェルス(牝、父ダイワメジャー、母ユールフェスト)】ですね。馬主はキャロットF。こちらは「距離は短そうです。乗ると、気性が前向きですし、短い距離で良さが出るのかな」とトレーナーは分析します。とはいえ、短距離一辺倒では、今後の使う選択肢も限られますし、「これからは少しゆったりしてあげられるところを作ってあげられれば」と今後の方針を思い描いている様子。どういう風に成長を遂げるのか、見届けたいところです。

 血統馬といえば、上にフサイチリシャールやビーチサンバがいる【ショウネンジダイ(牡、父エイシンフラッシュ、母フサイチエアデール)】も管理よていですが、やはり安田翔厩舎といえば、【カレンユアンメン(牡、父カレンブラックヒル、母カレンチャン)】でしょう。スプリントG12勝の母の調教をつけていたのが、当時は安田隆厩舎の助手だったトレーナーです。なかなか、このお母さんから大物が出ていない現状ですが、「今までの子供と比べて、タイプが違います。軽さがあります」と分析。父のカレンブラックヒルがいい形で出ているんでしょうか。「筋肉量が豊富で、(調教の)ペースアップにも対応できています」と力強さも兼ね備えているようです。基本的にはもっと成長を促したいようで、馬の状態を見ながら、入厩の時期を考えていく様子。ただ、現時点での取材の感触では、兄姉より上という感じを受けています。

 PART1の最後は【ロイヤルマリーの18(牝、父ハーツクライ)】。「オメガ」の原禮子オーナーです。「徐々に幼さが解消されています。(体は)最初は詰まっていたけど、徐々にハーツらしい伸びが出てきました」と現状を分析。もっと成長を促しつつ、見届けたい方針ですが、この時期にいい意味での変化が出ているのは個人的に好みのタイプ。また、話を聞いておこいます。

 ということで、残りは個人的に最も注目している馬も入っているPART2で。では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

福島2R・5シゲロフォボス(いいスピードを見せた初戦を考えると、小回り6ハロン戦は魅力。攻め馬も悪くない。久々のぶん、馬連の軸で買う)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都6R・2イバル(3走前に挟まれ、ここ2走は展開が厳しい競馬。十分に通用の能力ある)

京都7R・2アンクルテイオウ(前走時に高橋亮調教師が「短距離仕様になっている」と。さらなる距離短縮で前進を狙う)

福島4R・3プレシャスルージュ(陣営の評価が非常に高い馬。スムーズに運べば即通用)

福島11R・6ケプラー(内ラチ沿いで挟まれた前走は参考外。見直す)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

スポーツ報知「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。「ノーザンF早来」、「ノーザンF空港」、「社台ファーム」、「追分Fリリーバレー」の4牧場がセットになったプリントを500円で販売。毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルを紹介しています。一足先に有益なPOG情報をゲットして勝ち組になりたい方は、今すぐコンビニでご購入ください。購入方法はこちら

POG2歳馬特集

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請