女子ソフト・投打二刀流の藤田倭が「ともに越えよう」と呼びかけ

 東京五輪の女子ソフトボール日本代表候補で、投打二刀流での活躍が期待される藤田倭(やまと・太陽誘電)が24日、ブランドアンバサダー契約を結ぶミズノ社の公式ツイッターに登場。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11秒の動画で「少しの我慢が私たちの未来を大きく変える。ともに越えよう! 」と力強く呼びかけた。

 藤田は今月1日に同社とブランドアンバサダー契約を締結した。契約用具はバット、シューズ、バッティング用の手袋。16年に日本リーグで投手として最多勝、打者で打点王、本塁打王の3冠に輝くなど投打二刀流で「ソフトボール界の大谷翔平」と呼ばれる。来夏の五輪ではエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)とともに投手陣の柱としての期待が懸かる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請