上方落語協会 会長に笑福亭仁智を再選

会長再選が決まった笑福亭仁智
会長再選が決まった笑福亭仁智

 上方落語協会は24日、5月に任期満了を迎える協会会長の候補者選出選挙を行い、笑福亭仁智会長(67)の再選を内定した。5月開催予定の総会・理事会を経て、正式に再選が決まる。任期は2022年5月までの2年間。

 先代会長の桂文枝(76)を副会長として支えた仁智は18年の候補者選挙で選出され、協会の7代目会長に就任。同年7月の西日本豪雨にあたってチャリティー落語会を開催したり、昨年は大阪市北区の常設寄席「天満天神繁昌亭」の大規模改修を実現するなどしてきた。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴い天満天神繁昌亭は休館を続けており、他の落語会ものきなみ公演が中止されている状況。仁智は協会を通じて「大変な時期なので、皆様の力を借りて、この難局を乗り切りたいと思います」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請