志村けんさん、冠番組28日スタート フジ系「志村友達」…過去のコントとともに千鳥・大悟らが思い出語る

新番組「志村友達」に出演する千鳥・大悟(左)は公私で志村けんさんに愛された
新番組「志村友達」に出演する千鳥・大悟(左)は公私で志村けんさんに愛された

 3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため死去したコメディアンの志村けんさん(享年70)が生前、フジテレビ系の深夜帯で出演を続けてきた冠番組シリーズの新作「志村友達」(火曜・深夜0時55分)が28日からスタートする。MCは「千鳥」の大悟(40)、「アンタッチャブル」の柴田英嗣(44)が務める。

 天国の志村さんとともに、新たな冠番組がスタートする。志村さんは96年10月の「志村X」から20年3月に終了した「志村でナイト」まで17作品に出演。通算18作目となる「志村友達」は当初、志村さんが豪華ゲストとトークする内容の番組だったが、急な悲報で一度も収録は行われなかった。

 フジテレビは、タイトルはそのままに、志村さんの人柄や笑いを楽しめる新たな番組を制作することを決定。これまでの1000以上の放送回の中から、爆笑コントとともに、志村さんとの思い出話を繰り広げる。28日の初回ゲストにはダチョウ倶楽部・肥後克広(57)と上島竜兵(59)を招き、27日に収録を予定している。

 公私ともに志村さんと親しかった大悟と柴田は、当初の「志村友達」にもレギュラー出演が決まっていた。大悟は「志村さんに怒られない様にマジメな顔してパンティーはいて収録に臨みます。何も考えず笑って見て頂けたら」。柴田も「志村さんの凄(すご)さ、面白さ、コントの楽しさを、一視聴者として皆さんと一緒に楽しみたい」とし、「変な柴田と、変な大悟も宜しくお願いします!」と志村さんの魂とともに番組を続けることを誓った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請