【阪神】コロナ感染の藤浪晋太郎、会食参加「軽率だった」チーム活動止まり「申し訳ない」

スポーツ報知
記者会見に臨み頭を下げる藤浪(ともに代表撮影)

 新型コロナウイルスに感染して今月上旬まで入院していた阪神の藤浪晋太郎投手(26)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が23日、兵庫・西宮市内で会見し、軽率な行動をとったとして反省の言葉を述べた。3選手は3月26日にPCR検査で陽性判定となって以来初めての公の場。藤浪は黒のスーツ、濃紺のネクタイで代表者取材による会見に臨み、静かに口を開いた。

 「まずファンの方々、プロ野球関係者の方々、そしてチームの方々に大変なご迷惑をおかけして、非常に深く反省しております。自分の認識が甘くて、自分がなるなんて思わないで行動したこと。そのあたりが軽率だった」

 藤浪らは3月14日、感染経路として疑われている大阪市内での会食に参加。知人宅に選手と知人ら計13人以上が集まり、伊藤隼、長坂のほか、出席した女性3人も感染した。3選手の感染でチームは活動休止。藤浪は「チームの動きが止まり、練習期間を奪ってしまったこともすごく申し訳なく思っています」と頭を下げた。

 会見前には、甲子園球場で汗を流していた選手らにも謝罪した。「『申し訳ありませんでした』と言うと、『しっかり野球で頑張れよ』と声をかけていただいた」。嗅覚異常以外に発熱など体力低下につながる症状は全くなかったといい、12日間の入院期間も体幹トレーニングなどを継続していたと明かした。

今日から自主トレ「取り返すしか」 24日からは2軍施設の鳴尾浜球場で自主トレを再開する。「野球のプレーで取り返すしかない。一生懸命、野球を頑張っていきたい」。今後の行動で示し、信頼を取り戻す覚悟だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請