神野大地がオンライン面談実施へ 最終学年の学生アスリートへ「僕とお話しましょう」

神野大地
神野大地

 昨年のアジアマラソン選手権王者の神野大地(26)=セルソース=が23日、自身のツイッターを更新し、学生アスリートとオンライン面談することを発表した。「学生アスリート、特に最終学年の学生が今、どのような気持ちで競技と向き合っているのかが気になっています。やり場のない今の想いを聞いて欲しい、ぶつけたい、という学生アスリートの皆さん、僕とお話しましょう」と呼びかけ、中学3年、高校3年、大学4年を対象に実施する。

 募集人数は計5人で、28日まで神野の公式ホームページなどからメールで応募可能。募集人数を超えた応募があった場合は選考する。面談は5月2~6日に1人あたり約40分、ウェブ会議アプリ「Zoom」を使用して行う。

 箱根駅伝では「3代目山の神」として天下の険に挑んだ神野。卒業後は実業団の名門・コニカミノルタに進んだが18年にプロ転向。青学大時代の先輩マネジャーで、今では最強のパートナーとなった高木聖也コーチ兼マネジャーらと研鑽の日々を送る。ケニアやエチオピアでの合宿、栄養士や短距離コーチの招へいなど、多角的なアプローチで強さを磨いた経験を生かして学生アスリートにアドバイスを送るつもりだ。

 神野は「現実として『いつ試合が再開されるのか』という不安や、『目標をどこにおくべきか』というモチベーションの面での難しさを感じているアスリートも多いのではないでしょうか。どんな悩みや不安、想い、相談でもいいので、本音で話を聞かせてください。僕も『答え』はわかりません。但し、これまでの経験や今考えていることをもとに、アドバイスをさせて頂きたいと考えています」とつづり、“後輩”たちの背中を押す準備を進めている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請