大和田美帆、絵本「生きる」を長女と読む…3日前ブログで明かしていた「夢じゃないのか、、現実か、、」

スポーツ報知
07年3月、放送界で活躍した女性に贈られる「放送ウーマン賞2006」を受賞した岡江久美子さん(中)。長女・大和田美帆(左)、夫・大和田獏(右)とともに贈賞式に出席した

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが23日朝、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。岡江さんの長女で女優の大和田美帆(36)は20日に更新した自身のブログで、絵本「生きる」を15年に誕生した長女と読んだことを明かしていた。

 大和田は「毎朝起きてすぐ あ、、夢じゃないのか、、現実か、、とすこし気持ちが落ちたところからスタートしてしまいます。すべてが夢であって欲しい」とつづった。当時、母・岡江さんが闘病中であることは明かしていなかった。

 そして「寝る前にいつも絵本を読んでるのですが昨夜はお布団の中で読みたいとのこと、、、小さな懐中電灯を使って読んでみました」と記し、谷川俊太郎詩の絵本「生きる」の表紙写真を掲載した。「楽しそうだなってワガコが思いついたこと全部叶えてあげたい、、、最近は少々甘くなってしまうこともありますがそれはそれで良し!としています。それにしても谷川俊太郎さんのことば大好きです」と発信していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×