岡江久美子さん、「はなまる」でTBS“朝の顔”を17年半 大和田漠とおしどり夫婦

岡江久美子さん(中央)と大和田漠。左は長女の大和田美帆
岡江久美子さん(中央)と大和田漠。左は長女の大和田美帆

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが23日朝、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。関係者によると、3日に発熱し、自宅で静養していたが、数日後に容体が急変。緊急入院し、集中治療室(ICU)で治療を受けていた。

 岡江さんは1996年9月から2014年3月まで17年半にわたり、薬丸裕英(54)とTBS系情報番組「はなまるマーケット」の司会を務め、同局の「朝の顔」としてお茶の間の人気を集めた。主に美容や料理、節約術など生活情報が好評で主婦層から支持された。

 夫の大和田漠(69)とは「芸能界のおしどり夫婦」として知られる。13年には「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。授賞式で大和田は「30年の結婚生活の半分以上に『はなまる』があった。母として子育てをしながら、全うしてくれた。よく頑張ったなと思います」とねぎらい、岡江さんも「(夫は)いつも協力してくれた。」と感謝して夫婦仲の良さを見せていた。

 岡江さんは1975年にTBSドラマ「お美津」の主演で女優デビュー。NHK「連想ゲーム」で大和田と出会い、83年に結婚。長女の大和田美帆(36)も女優として活躍している。15年には美帆が女児を出産し、岡江さんは孫の誕生を喜んでいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請