フルリモート劇団「劇団ノーミーツ」、初の長編5月23、24日にYouTubeで生配信

Zoomを活用して作られた劇団ノーミーツの演劇作品
Zoomを活用して作られた劇団ノーミーツの演劇作品

 「Zoom」を活用し、打ち合わせから稽古、上演をオンライン上で行うフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」(主宰・広屋佑規、林健太郎、小御門優一郎)が、初の長編「門外不出モラトリアム(仮)」を5月23、24日にYouTubeで生配信(全4回)することになった。

 イベントプロデューサーの広屋氏、映画プロデューサーの林氏、劇団「21g座」の小御門氏が、コロナ禍における役者やクリエイターに表現の場を提供する。林氏は「毎日、矛盾と葛藤だらけですが、今できる全力を尽くします。おもろいもんつくるぞー!」とコメント。「門外不出―」の出演者を現在募集中だ。

 今月5日に発足した「劇団ノーミーツ」は「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、Zoom演劇作品を7作品配信し、SNSで総再生回数500万回を突破するなど注目されている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請