吉本、新配信サービス「#吉本自宅劇場」スタート 合言葉は「手洗い、うがい、笑い」

「#吉本自宅劇場」
「#吉本自宅劇場」

 吉本興業は21日、配信サービス「#吉本自宅劇場」(https://yoshimoto live.com/)を始めることを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受けて、自宅でスマートホンやパソコンなどでお笑いが楽しめるプロジェクトをスタート。合い言葉は「手洗い、うがい、笑い」で吉本の所属芸人のYouTube、ツイッター、インスタグラムを集約。劇場公演やアーカイブ作品などが、プラットフォーム化される。芸人も自宅から笑いを提供。自宅から自宅への笑いの架け橋となる。

 開催が決定しているコンテンツは以下の通り。

 ★「家―1グランプリ2020~お笑い自宅芸No.1決定戦~」

 自宅から最も笑いをとれる芸人は誰なのかをABEMAの特別番組として生放送! 優勝商品は「家賃一年分」と「ABEMA冠特番」。参加資格は自宅から配信できる人 プロ・アマチュア問わない視聴者参加型の賞レース

 ▼MC 今田耕司 コメント「こんな時代にぴったりの企画。優勝商品の家賃一年分はみんなが本気になること間違いなしです。お楽しみに!」

 ▼配信日程 5月3日(後10時)配信チャンネル: ABEMA SPECIAL チャンネル

 ★「スナック吉本」

 芸人とファンの方々が一緒に語り合えるオンラインスナック「スナック吉本」をオープン!

 ▼「スナック吉本」ママ代表 西野亮廣(キングコング) コメント「劇場という活動の場、そして収入源を奪われてしまった芸人は、今、アルバイトをすることもできません。そんな中、家にいながら、ファンの方と交流をして、武器である『お喋り』で収入を得られるのは良いなぁと思いました。芸人と事務所が一丸となり、各方面に配慮しながら、可能な限り『笑い声』が起こる形で、今回の苦難を乗り越えていきたいと思います。」

 ★「吉村派遣会社」

 平成ノブシコブシ吉村崇がリーダーとなって、リモート芸人派遣企画を設立!

何をやっているかはわからない!何の為になるかはわからない!だけどなんだかおもしろい!吉村らしい、バカで破天荒な企画

 ▼リーダー 吉村崇(平成ノブシコブシ) コメント「急遽立ち上げとなりましていろいろ不備はあるとは思いますが、日本全国にバカと刺激と御下品をお届けできたらと思ってます。黙って待ってるのも飽きましたので、こじ開けてやろうと思ってます。是非皆さま会話をしましょう!」

 吉本は、3月2日から直営劇場公演および主催興行・イベントを中止、延期。同月6日から全国の劇場から無料のネット生配信を開始も、緊急事態宣言を受けて中止となっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請