住吉美紀アナ、新型コロナ感染 所属事務所がPCR検査結果「陽性」と発表

住吉美紀アナ
住吉美紀アナ

 肺炎のため都内の病院に入院している元NHKで、フリーの住吉美紀アナウンサー(47)が22日、新型コロナウイルスに感染していることが分かった。所属事務所が公式ホームページ(HP)で陽性と診断されたことを発表した。

 所属事務所は「本日、4月19日のPCR検査の結果、陽性判定となり、新型コロナウイルスへの感染が確認されました」と報告。「今後は、医師のご指導のもと、一日も早い回復を目指し、引き続き入院治療に専念して参ります。ファンの皆様、リスナーの皆様よりの暖かいメッセージには、この場を借りまして厚く御礼申し上げます」」とした。

 住吉アナは今月16日に発熱。その後も高熱が続き、電話での問診を経て19日早朝に都内の医療機関を受診。CT検査で肺炎と診断されて入院。新型コロナウイルスに感染した疑いがあり、PCR検査を受けていた。

 パーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」(月~金曜、前9時)は20日から欠席。元TBSでフリーの吉田明世アナ(32)が代役を務めている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請