【オリックス】吉田正がさらなるマッチョ化目指す「少しでもレベルアップ」

自主練習したオリックス・吉田正(球団提供)
自主練習したオリックス・吉田正(球団提供)

 オリックスの吉田正尚外野手(26)が21日、大阪・舞洲で自主練習を行った。打撃練習や守備練習などで汗を流したプロ5年目は「まだ開幕は決まっていませんが、やれる範囲で時間を無駄にすることなく、少しでもレベルアップできればと考えています」と球団を通じてコメントし、前向きな姿勢を示した。

 その中で、現在の開幕延期期間中の取り組みとしてポイントに挙げたのがウェートトレーニング。「特に新しいことは考えていませんが、シーズン中であればできないようなこと、ウェートトレーニングの負荷を上げたり、セット数を増やしたり、自分なりに考えながら練習しています」。侍日本代表候補でもある若き主砲は、持ち前のパワーをもう一段階上げるべく、さらなるマッチョ化に取り組んでいる。

 自宅でのリラックス方法には「テレビを見たり、家の周りで犬の散歩をするくらいですかね。あとは家でしっかりとストレッチを行うようにしています」と明かした26歳。2年連続で打率3割2分超え、25本塁打以上をマークしており、今季も主軸としてチームを引っ張ることが期待される。

 吉田正は「当初はスタートも早いと思っていたので、しっかり体を作ってアピールしながらオリンピックに向けて、というところだったんですけど、オリンピックも延期になりましたし、レギュラーシーズンがいつ開幕するかは分からないですが、いいパフォーマンスができるように日々過ごしていきたいと思います」と意欲十分。またファンに向けて「苦しい日々が続きますが、きっといい状態がきてくれると信じて僕たち選手も頑張っていますので、ファンの皆さんも球場で応援できる日が来ることを信じて共に頑張っていきましょう」とメッセージを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請