川淵三郎氏、新型コロナ感染のオムロン元社長・立石義雄さん訃報に「兄弟舟を唄った仲…お別れにも行けない」

スポーツ報知
川淵三郎氏

 Jリーグ初代チェアマンで日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(83)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染で同日、亡くなった元オムロン社長・立石義雄さん(享年80)を悼んだ。

 「コロナでまた親しい友人を失った。京都商工会議所前会頭でオムロンをここまでの大企業に育て上げられた立石義雄さん。顔がそっくりなところから義雄ちゃん、兄さんと呼び合い兄弟舟を唄った仲。お別れにも行けない」と吐露。「仲睦まじい奥様はじめご家族の気持ちを考えればお慰めの適切な言葉が浮かんでこない」と故人を悼んだ。

 川淵氏は今月10日にも新型コロナウイルス感染で友人が亡くなり「怒りのやり場がない」と思いをつづっていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請