高須院長、阪大開発のフェイスシールドを支援…試作品を手配し「吉村知事、すぐに装置してくださいね」

スポーツ報知
高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が20日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療用品が不足している中、フェイスシールドを大阪府の吉村洋文知事(44)に届けることを明かした。

 高須院長は、大阪大学がクリアファイルと3Dプリンターを使い、顔を保護するフルフェイスシールドを開発する記事を引用リツイートし「阪大からクラウドファンディングの依頼がきました。すぐにポケットマネー振り込みなう」と賛同したことを報告。

 そして「担当の偉い人にフェイスシールド試作品をすぐに僕に送ってくれるよう要請」したことを明かし、「1号は吉村大阪府知事に届けます。吉村知事、すぐに装置してくださいね」とつづった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請