立川志らく、吉祥寺など多くの人出に苦言「こういう人たちは自分がかかってひどい目にあわないと、わからない」

スポーツ報知
立川志らく

 20日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で、感染が拡大する新型コロナウイルスについて特集した。

 番組では、全国に緊急事態宣言が発令されて初めての週末を終えたが、東京・吉祥寺など一部の商店街などが、多くの人出でにぎわっていたことを報じた。

 これについてコメンテーターの立川志らく(56)は「新宿とか渋谷がすけば、このコロナに勝てるってわけではない。何のための規制だか、わけがわからなくなって」と苦言を呈した。

 「吉祥寺は近所でしょっちゅう行ってるんですが、絶対に土日だとかは行かないように」とし、「なぜかというと自分の命が大事、家族が大事。自分が感染してしまったら仕事の皆さんにご迷惑をかける。だから絶対に人ごみには行かないようにと考えている」とした。

 「多くの人はそう思ってるんだけど、危機感のない人があまりに多すぎるんですよ」と語気を強め、「こういった人たちは自分がかってひどい目にあうとか、自分の大事な人がかかって亡くなってしまったりしない限りは、わからない。どうして危機感の薄い人が多いのか」と一気にまくし立てていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請