森三中・黒沢かずこ、2度目のPCR検査が陰性と発表「味覚、嗅覚も回復して、現在は自宅療養」と村上が報告

黒沢かずこ
黒沢かずこ

 3日に新型コロナウイルス感染が判明したお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が、2度目のPCR検査を受けた結果、陰性だったことが20日、わかった。月曜日レギュラーを務める日本テレビ系「ヒルナンデス!」(月~金曜、前11時55分)で発表した。

 番組冒頭でメンバーの村上知子(40)が「ご報告があります」とし「黒沢さんなんですけど、PCR検査で2度、陰性が出まして、今は味覚・嗅覚も回復してまして。現在は自宅療養という事で大丈夫そうです」と報告した。

 黒沢は3月21日昼ごろに発熱症状がみられたが、同日夜には平熱に戻ったという。医師の診断で2日間は自宅療養。25日に仕事復帰し、番組の撮影に参加したという。しかし味覚・嗅覚を感じない状態が残り、その症状がコロナウイルス感染の症状という報道もあったため、大事を取って、以後の仕事はすべてキャンセルしていた。その後、複数の医療機関を受診。1日に受診した医療機関でCT検査を行い、肺炎の可能性があるとの診断を受け、PCR検査を受け、3日夜に感染が判明した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請