住吉美紀アナ、肺炎のため19日に緊急入院 PCR検査も受診

住吉美紀アナ
住吉美紀アナ

 元NHKのアナウンサーでフリーの住吉美紀アナ(47)が肺炎のため緊急入院したことを19日、公式サイトで発表した。新型コロナウイルスに感染した疑いがあり、PCR検査を受けたという。

 公式サイトによると、住吉アナは今月16日に発熱。その後も高熱が続き、電話での問診を経て19日早朝に都内の医療機関を受診したところ、CT検査で肺炎と診断されて入院。医師の判断でPCR検査を受け、検査の結果はまだ分かっていないという。

 パーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」(月~金曜、前9時)は、15日からリモート出演し「本人も『感染』に関しては人一倍気を 配って参りましたが、このような状況となりました」と報告。「まだ結果判明前ではありますが、ご迷惑をおかけすることになりました関係者の皆さま、日頃番組を応援してくださっているリスナーの皆さまには、大変心苦しいですが、4月20日月曜日から、暫くの間お休みさせていただく旨、ご報告とさせていただきます」とした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請