「そこ、離れなさい!」思い出す社長の記者一喝…新型コロナ禍の中、素早い危機対応を見せたテレ東の秘密

前代未聞の全社員のうち2割の出社での放送に踏み切り、新型コロナウイルス封じ込めに成功しているテレビ東京
前代未聞の全社員のうち2割の出社での放送に踏み切り、新型コロナウイルス封じ込めに成功しているテレビ東京
新型コロナの感染拡大の中、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」も2か月以上に渡ってロケが行われていない
新型コロナの感染拡大の中、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」も2か月以上に渡ってロケが行われていない

 国内感染者数1万人を超えた新型コロナウイルスの脅威の中、番組ロケ、スタジオ収録が軒並み中止。看板ドラマの放送も次々と延期とテレビ各局が今、大ピンチに陥っている。

 看板ニュース番組「報道ステーション」のメインキャスター・富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が発覚、感染拡大防止のため17日から3日間、本社ビルへの入館を制限しての全館消毒に追い込まれたテレビ朝日はじめ各局に感染者が発生している中、ウイルス封じ込めに成功しているのがテレビ東京だ。

 記憶にくっきりと残る場面がある。

 3月26日に同局で行われた小孫茂社長(68)の定例会見。定刻5分前に会見場に入ってきた同社長が後方の席で隣り合わせに座っていた記者2人に言った。「そこ、離れて下さい」。最初は穏やかな口調だったが、指さされた2人が動かないままでいると、「離れなさい! テレビ東京の会見で感染者が出たなんてわけにはいかないんですから」と一喝。さらに「扉も開けて下さい。換気は重要ですから」と続けた。

 この5年間、NHKと民放各局トップの定例会見を取材し続けているが、社長が記者に対して声を荒らげたシーンを見たのは初めて。さすがは日本経済新聞の編集局長も務めた小孫社長の怒声は迫力十分。記者たちもそそくさと移動したのを覚えている。

 この場面が象徴するように、テレ東の新型コロナに対する危機意識はその1か月前から高かった。2月27日の会見から、通常は2人着席の長机に記者1人づつ。6人以上並んでいた役員も小孫社長、田村明彦BSテレ東社長、高野学総合編成局長の3人のみ。互いに大きく距離を空けて座っていた。

 そして、社長の記者一喝で始まった3月26日の会見で明かされたコロナ対策の内容も画期的なものだった。「オーバーシュート(感染爆発)」などの言葉を使って不要不急の外出自粛要請を出した小池百合子都知事(67)の25日夜の会見を受け、「昨夜の都知事の会見以降、バタバタになっていますが」と苦笑しつつ、話し始めた小孫社長。

 「首都圏が新たな動きに出始めた。ワンステージ、深刻な方に変わったと受け止めています。最悪の事態に備えて、テレビ東京の場合は(対策が)ステージ5の段階に入っています。在宅勤務、リモートワークの態勢を取っています。今日は4割が在宅勤務しています」と早くも危機感をむき出しにして続けた。

 さらにビックリ発言は続いた。「明日はさらに強化し、外出禁止令がいずれ来ることを前提に、さらに強い在宅勤務にした場合にどうなるか放送を続けながらテストします。明日は全社員の2割強が出社。残りの8割が在宅で通常の放送をやってみます。最終的には1割の出社でできるかと思っています」―。民放キー局としては前例のない全社員の2割出社での放送に踏み切ることを宣言したのだ。

 驚いた私はさっそく「テレ東社長、新型コロナの中、『全社員の2割の出社、8割は在宅で放送に踏み切ります』」と題した速報記事を「報知WEB」にアップした。この記事は大きな反響を呼び、読者からのコメントも多く集まった。その多くは「さすがテレ東。やることがいつも斬新」などの称賛の言葉だった。

 2017年11月には「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の平均視聴率が同番組最高の12・8%を記録。同時間帯のライバル・NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を2放送回連続で上回った歴史を持つなど、いわゆる一点突破のワンコンセプト番組でヒットを連発してきた同局。他のキー局と比べ、低予算ながら独自の企画力でヒット作を連発してきた局らしい斬新な企業マネージメントと思ったが、反面、それだけ同局は追い込まれていた。

 同局が誇る看板番組の数々は今、危機的状況だ。地元住民との温かい触れあいで高い人気を誇る出川哲朗(56)の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(土曜・後7時54分)は、2か月以上ロケが行われていない。海外渡航および入国制限の中、「YOUは何しに日本へ」(月曜・後6時25分)、「世界!ニッポン行きたい人応援団」(月曜・後8時)などの外国人が主役の番組もロケは不可能。「家ついていってイイですか」(水曜・後9時)も1日あたり10~15隊が主要な駅に繰り出す独特の取材態勢が完全にストップ。街歩きロケで人気の「モヤモヤさまぁ~ず2」(日曜・後6時半)も、すでにロケのストックがなくなっている。

 コロナショックに加え、東京五輪も1年延期の状況に「昨年10月からの消費税の引き上げに加え、新型コロナが来て、その副産物として東京五輪の中止が来た。3つ重なって、スポット(広告)が去年の消費税引き上げ前から悪くなったところに、デジタル広告の攻勢もあり、結局、4つ重なった。はっきり申し上げて、少なくともリーマンショック並の厳しい状況だろうと思っています」と深刻な表情で話した小孫社長。

 その上で「(リーマンショック時は)広告収入が全体として立ち直るまでに2年かかった。今回もそのくらいの影響は受けるんだろうなということを前提にしています」と続けていた。

 「しかし、こういう時だからこそ、前を向いて、どうやったらデジタルなど新しいビジネスモデルを作れるかの大チャンスと思っている。そう考えれば必ず乗り切れると思っています。コロナに打ち勝ち、新しいテレ東という変身ぶりを見せたいと思っています」と熱く語っていたトップの陣頭指揮のもと、翌27日、同局は全社員の2割の出社で24時間にわたる放送を完遂してみせた。仕事の合間に深夜まで同局の番組を見続けた私は、ただひたすら「すごいな、テレ東」―。そう思っていた。

 そして、安倍晋三首相(65)による緊急事態宣言も、ついに全国に拡大。8割減の外出自粛要請がなされるはるか前から在宅テレワークを実践し、少人数での放送継続を果たしていたテレ東。首脳陣の早め早めの対策のもと、現時点で完璧に近い感染シャットアウトに成功している。

 長期戦の様相を呈してきた新型コロナとの戦いの中、私自身も在宅テレワークが続く。そんな中、ふと家から出たいという誘惑にかられることが正直ある。そんな時に頭によぎるのが、小孫社長の「そこ、離れなさい!」の一喝。その声を思い出した瞬間、ピリリと身が引き締まる自分がいる。(記者コラム・中村 健吾)

前代未聞の全社員のうち2割の出社での放送に踏み切り、新型コロナウイルス封じ込めに成功しているテレビ東京
新型コロナの感染拡大の中、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」も2か月以上に渡ってロケが行われていない
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請