【井上咲楽の本音】コロナ影響で巣ごもり中…私みたいな知名度だと忘れられてしまうのでは

ツイッター上でのリレー「自撮りつなぎ」に挑戦しました!
ツイッター上でのリレー「自撮りつなぎ」に挑戦しました!

 みなさーん、いかがお過ごしですか…? 私は(私も?)ヒマを持て余して暮らしております。国会傍聴も議員さんとお会いする時間もなくなり、やむなくアニメで「Dr.スランプ アラレちゃん」を見まくったりしております…。オンライン飲み会を楽しみ、さらに「24時間変顔インスタライブ」の挑戦も終えてしまうと、もう家でやることはないです。番組とかのお仕事はたくさんキャンセルになっていて、私みたいな知名度だと完全に忘れられてしまうのでは…とゆー恐怖心は正直あります。

 周りのタレントさんたちの空気が一変したのは志村けんさんが亡くなった時でした。コロナを憎み、コロナの怖さを知ったことが自粛への強制力になっている雰囲気を感じます。

 政治動向はひたすらニュースでチェックするしかないですが、安倍さんはやはり「アベノマスク」も星野源さんとのコラボも少し残念でした…。みんな現状に不満と不安を感じ、怒る矛先が見つからない時。いつもより批判を浴びやすい環境であれは…。うまくSNSも使って情報発信している河野太郎さんの様子を見たりすると、なおさら思います。

 小池都知事にももちろん賛否の声はあると思いますけど、何をどうしてもどっちみち批判される時に、より良いと思うことをより早く手を打っている印象があり、覚悟と決断は感じます。

 不安もいっぱいありますけど、落ち込んではいません。走らせていただく予定だった地元(栃木)での五輪聖火リレーも延期になりましたけど、むしろ楽しみな気持ちを1年間さらに持ち続けられるんだ、とプラスに捉えようと決めました。

 これからどうなるか、誰にも分かりません。でも、何とか終息して、無事に1年後の五輪を迎えられて、今までみたいにお仕事をさせていただけたら、今までとは違う世界と出会えると信じています。そんな時が来ることを夢見て、今日も巣ごもりします!(タレント)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請