赤江珠緒アナ「親が共倒れになったら…」不安が現実に 夫に続きコロナ陽性 2歳娘は陰性

赤江珠緒アナ関連図
赤江珠緒アナ関連図

 フリーアナウンサー・赤江珠緒(45)が新型コロナウイルスに感染し陽性反応となったことが18日、明らかになった。赤江がパーソナリティーを務める「赤江珠緒たまむすび」(月~木曜・後1時)を放送するTBSラジオが発表した。赤江は15日に発症し軽症だという。夫のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)の演出担当のチーフディレクターが陽性反応となり、赤江は2歳の娘とともにPCR検査を受けていた。娘は陰性だった。

 TBSラジオの「昼の顔」として活躍していた赤江アナが新型コロナウイルスに感染して陽性反応となった。赤江アナはこの日午前中に番組ディレクターに報告。TBSラジオは本人のコメントをホームページで発表した。

 「赤江珠緒のPCR検査結果が出ましたので、ご報告致します。赤江珠緒本人は新型コロナウイルス『陽性』。娘は『陰性』でした。4月15日に発症。今のところ自宅で療養中です。念のため11日以降は家族揃(そろ)って社会活動を一切止めておりました。回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話しできたらと思っております」

 赤江アナの夫はテレビ朝日「報道ステーション」のチーフディレクター。富川悠太アナ(43)が11日に陽性反応となったことで、同日から自宅待機。同時に赤江アナも自宅待機をして、13日と14日の「たまむすび」は電話出演していた。

 16日には同番組に直筆で書かれたA4用紙5枚のリスナーへの手紙を寄せ、夫の陽性反応を報告。“コロナ対策6か条”を呼び掛け「私と娘も検査してもらえるよう、現在も自宅で待機しております」としていた。

 TBSラジオは「16日以降にPCR検査を受けて、今日までに結果が出たようです。(症状は)軽症だと聞いています」と説明した。

 赤江アナと一緒に検査を受けた2歳の娘は「陰性」だったが、赤江アナは16日に番組に寄せた手紙で、陽性となった場合の事前の準備の必要性などをつづった上で、「我が家の場合は親が共倒れになった場合の子供の面倒は誰がみるのかという問題があります」と自らが陽性となった後の心配をしており「夫と私の発症のピークがせめてずれることを願うばかりです」とコメントしていた。

 11日に発症した夫の4日後の15日が発症日とされた赤江アナ。自宅療養中だが、重篤化せずに、一日でも早い治癒が待たれる。

 ◆赤江 珠緒(あかえ・たまお)1975年1月9日、兵庫・明石市生まれ。45歳。神戸女学院大学卒後の97年、大阪の朝日放送入社。2003年6月にテレビ朝日系「スーパーモーニング」のメインキャスターに抜てき。07年3月、朝日放送を退社し、フリーに転身。12年4月、TBSラジオ「たまむすび」がスタート。08年に結婚し、17年7月に長女を出産。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請