陸上マラソン&競歩の内定者を正式承認…日本陸連理事会

 日本陸連は17日、東京五輪マラソン&競歩の内定選手を理事会で正式承認した。この日までの選考会で内定基準を満たしていた男女マラソン6人、男女競歩6人に加え、男子20キロ競歩の高橋英輝(富士通)が選考によって選ばれた。新型コロナウイルスの感染拡大で五輪が1年延期となる中、麻場一徳強化委員長は「アスリートは先が見えないことが一番ストレスだと思うので、自分達の立場がどうなるか不安が取り除けたのは、我々にとっては前進だと思う」と述べた。

 本大会まで1年3か月以上を残した段階での正式内定。コロナ禍の終息が前提になるが、レースが開催される札幌の気候を体感するなど、実戦的な準備を重ねる余裕も生まれる。麻場委員長は「早い段階で選手が気持ちをしっかりと切り替えて、来年に向かっていけるという意味では、この段階で理事会承認をして頂いたのは大きい」と述べた。

 男女各種目の内定者は以下の通り。

 【マラソン】

 ▽男子

中村匠吾(富士通)

服部勇馬(トヨタ自動車)

大迫傑(ナイキ)

 ▽女子

前田穂南(天満屋)

鈴木亜由子(日本郵政グループ)

一山麻緒(ワコール)

 【競歩】

 ▽男子20キロ

山西利和(愛知製鋼)

池田向希(東洋大)

高橋英輝(富士通)

 ▽女子20キロ

岡田久美子(ビックカメラ)

藤井菜々子(エディオン)

 ▽男子50キロ

鈴木雄介(富士通)

川野将虎(東洋大)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請