【広島】19日以降の練習制約も…緊急事態宣言拡大受け

広島・佐々岡監督
広島・佐々岡監督

 広島は12球団で唯一、時差つきながらも全体練習を続けているが、緊急事態宣言の拡大を受け、休養日明けとなる19日以降の練習を制約する可能性が出てきた。

 現在は投手と野手の計35人をAとBの各2班に分け、午前と午後に分離。選手同士の接触を避けるため、練習後は30分以内に球場から退出させている。鈴木球団本部長はA班とB班の練習日を1日おきにする可能性を示唆。首脳陣と17日に相談した上で最終決定する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請