【阪神】自主練習に参加の福留が謝罪「甚大なご迷惑をおかけした。申し訳なかったというのを最初に言わせて下さい」

スポーツ報知
自主練習終了後に、オンラインでインタビューに答える福留孝介

 阪神は15日、甲子園、鳴尾浜で自主練習を開始した。藤浪ら3選手の新型コロナウイルス感染が発覚した3月26日にチームは活動を休止。その後は選手、スタッフに自宅を命じてきたが、ようやくトレーニング再開の運びとなった。

 この日の午前中に甲子園で汗を流した球界最年長の福留孝介外野手(42)がオンライン取材に応じ「NPB関係者を始め、中日ドラゴンズの関係者、阪神タイガースの職員の方々に甚大なご迷惑をおかけした、申し訳なかったというのは最初に言わせて下さい」とチーム内から感染者が出たことを謝罪。「久しぶりにこうやって施設を使わせて頂いて、練習、体を動かすことができたのは良かった」と素直な感想を口にした。

 この日は3密(密集、密閉、密接)を避けるため、計8グループに分かれての時差練習。福留は上本、陽川、糸原らと午前9時からランニング、キャッチボール、内野ノック、ティー打撃などで汗を流したという。「選手同士、分散していますし、密にならないことを心がけた。動いてみて、そんなに違和感なく、ある程度のことはできた」と振り返った。

 今後は3勤1休のペースで体を動かしていく。「こういう状態が誰しも経験したことのない初めての経験。何て言ったらいいのかなと思う。一刻も早くこの状態が落ち着いて、グラウンドでプレーする。それを見に来て頂きたい」と開幕を待ち望んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×