橋下徹氏、「報ステ」富川アナが発熱後も勤務したことに「2日間休んですぐ仕事やった…あれは絶対にやったらダメです」

橋下徹氏
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏(50)が15日、TBS系「あさチャン!」(月~金曜・前5時25分)に生出演した。

 番組では、新型コロナウイルス感染拡大防止への政府の対策などを報じ、橋下氏が持論を述べた。

 橋下氏は、先月24日に自身のツイッターで発熱で体調不良を報告し2週間自主的に自宅療養していたがPCR検査を受け陰性と判定され、このほど回復し仕事復帰した。

 大阪からリモート出演した橋下氏は自宅療養を振り返り「本当に大変です」と明かし「身の回りをサポートしてくれる人は感染するリスクが高いです」と明かし「妻は感染する覚悟でサポートしてくれていました」と感謝していた。

 さらに、最初に熱が出た時に「24日の段階で熱が出て4日間、待機したんです。そしたら熱が下がって症状が収まったんです。そこで僕はすぐ仕事をやりませんでした」と明かし「今、ちょっと報道ステーションとかでいろいろ問題になっているでしょ。2日間休んですぐ仕事やったって。あれは絶対にやったらダメです」と指摘した。

 その上で自身は2週間様子を見て、4月5日の生放送に出演したが再び体調が悪化し、PCR検査を受けたことを説明していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請