【広島】ドラ1森下暢仁、開幕まで「相手のチームのことを研究したい」

森下暢仁
森下暢仁

 広島のドラフト1位の森下が野球脳を磨く姿勢を示した。「相手のチームのことを研究したい」と、開幕までの時間を利用して、各チームの主力打者のデータ分析などに力を入れる考えだ。

 この日は広島市内の選手寮で休養に充てた右腕。時差をつけながらも12球団で唯一実施されている全体練習では、体幹トレやブルペン投球を続けており「今、できることをしっかりやって、自分の力を出せればいい」と気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請