赤江珠緒アナ、夫が新型コロナウイルス感染の疑い「状況を見ていると、かかっているんだろうなという感じ」 「たまむすび」は電話出演に変更 夫はPCR検査の結果待ち

赤江珠緒
赤江珠緒

 フリーアナウンサーの赤江珠緒アナ(45)が13日、レギュラーのTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~金曜・後1時)に電話出演し、夫のテレビ朝日社員に新型コロナウイルス感染の疑いがあることを明かした。

 冒頭、赤江アナは「うちの夫の職場で、陽性反応の方が出まして。『大変だね』という話をしていたら、この週末に夫も体調を崩しました。朝に熱が出て、夜になると高熱、38度5分ぐらいになるのが続いた。『味も…』ということを言い始めたんです」と説明。夫は病院で肺のCT検査を受診し、軽い肺炎と診断された。現在はPCR検査の結果待ちで、結果が出るのは4日後ぐらいになるという。

 赤江アナは「状況を見ていると、かかっているんだろうなという感じ。陽性、陰性自体はまだ分からないんです。結果が出るまでは家にいるしかない。家にいる限りは、私たち(家族)も怪しい状況ではある。うちの家全体で、社会生活を止めた方がいいという判断になりました」と話した。

 赤江アナに症状はないが、2歳のまな娘を保育園に預けることができず、育児をしなければならない。今後の出演について「しばらくお休みをさせていただいて、参加できる時に参加させていただく形にしないと無理かなという感じです」。検査までの数日間を振り返り、「結果が出るのに時間もかかる。検査のハードルも高いなと思いました。自宅にいて、悲観することもなく、病気の1つだから元気に治して、人に移さないようにすることを気をつけるしかない」と語った。

 この日はTBSの外山惠理アナ(44)が代役を務めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請