【阪神】クラスター化回避、保健所のお墨付きも活動再開には慎重

阪神・谷本修球団本部長
阪神・谷本修球団本部長

 阪神・谷本修球団本部長(55)は11日、新型コロナウイルスのチーム内クラスター化回避のお墨付きを得たことを明かした。3月26日に藤浪、伊藤隼、長坂の3選手が陽性反応を示してから2週間以上が経過。「実は昨日(10日)の段階で全部クリアになりました。保健所との連絡も、昨日の時点で全て終わりました」と説明した。

 球団は藤浪らのPCR検査後、チーム活動を自粛し、選手、関係者は自宅待機を命じられている。今月2日には2年目内野手の小幡がPCR検査を受けたものの、結果は陰性。その後も新たな感染者、体調不良者は出ていない。既に濃厚接触の同僚らの経過観察期間も終えており、ひと区切りはついた。

 地域アドバイザーからは濃厚接触者に禁止されていたキャッチボール再開などの許可も得た。ただチーム活動の再開については、時期を決めていない。同本部長は「そこに関しては極めて慎重に進めています。段階的な話で言うと、まずは(甲子園など)施設を開放しますよ、と。ポジションごとに時間を分けてとか。ただ、それをいつからとは決めていません。準備してプランを練っています」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請