【巨人】坂本勇人が亀井善行にイジられる~外野手転向は厳しい現実

 
 

 巨人の坂本勇人内野手(31)が外野手転向を断念した。

 10日にジャイアンツ球場で行われた個人調整の様子を、球団の公式YouTubeチャンネルが公開。

亀井善行外野手(37)が見守る中で、坂本キャプテンが外野でノックを受ける姿がアップされた。

 亀井から「もう30(歳)超えて来たんで、体力ない」と突っ込まれる動き。これに対して「30(歳)の壁を打破する強い気持ちで」と臨んだ坂本だが、滑り込んで捕れない、早々に捕球をあきらめる、といった姿もあった。

 最後は、亀井が携帯端末を持って坂本の様子を撮影するお宝映像も。捕球姿を激写しているが、坂本は「まあまあ近いし」と打球が当たりそうな近距離すぎる撮影に苦笑いした。

 練習を終え「センターにコンバートしようと思ったけど、今日の練習でコンバートは断念しました」と坂本。「しんどい」「やばい」と息を切らして、グラウンドを後にしていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請