小池都知事が休業要請対象から外した理髪店は対応分かれる…「QBハウス」は風評被害考え自主休業

列ができた都内のヘアカット専門「QBハウス」
列ができた都内のヘアカット専門「QBハウス」
政府と都による休業要請をめぐるバトル
政府と都による休業要請をめぐるバトル

 新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)の緊急事態宣言を受けて東京都が休業要請する施設に関し、百貨店の食品や生活用品売り場、理髪店、ホームセンター、屋外のスポーツ施設を対象外とする方向で検討していることが9日、関係者への取材で分かった。

 休業要請の対象外となった理髪店では各店舗で、対応が分かれた。

 低価格ヘアカット専門の「QBハウス」は、7都府県を中心に全582店舗中、約76%の442店で休業を決断。渋谷南口店には駆け込み行列ができて混雑を示す赤ランプも点灯した。利用した60代男性は「しょうがないけど、次にいつ切れるか分からなくなるので困る」と胸の内を明かした。

 経営するキュービーネットホールディングスの担当者は、休業要請の対象から外れながら、当面の休業を決めた要因に、チェーン店ならではの悩みを告白。散髪中は「3密」の状況となるだけに「理髪店で感染者がもし出てしまったら、うちが都内で最も数が多いので、確率として(感染の可能性が高いのではと)疑われる。風評被害を考えたら仕方ない」と説明した。

 一方では安堵(あんど)の声も上がった。30年以上営業する「青山ゼロ理容室」の経営者・古郡広幸さん(56)は「安心と言えば安心。うちはSARSの時から消毒、換気などやってきた」。ヘアサロン「アース」などを経営するアースホールディングスの担当者は「最大限のサービスを続けさせていただきます。今後休業要請が出たら(休業も)検討しないといけないと思います」と、営業時間の短縮などをしながら、一部店舗を除き営業を続けていく方針だ。(安藤 宏太)

列ができた都内のヘアカット専門「QBハウス」
政府と都による休業要請をめぐるバトル
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請