幕下以下力士が発熱でPCR検査 簡易検査では「陽性」報告から陰性に 「引き続き本検査を受けている」と芝田山親方

両国国技館
両国国技館

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は9日、電話取材に応じ、発熱を訴えた幕下以下の力士が、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を受けていることを明かした。個人情報保護のため、力士名と所属する部屋の公表は控えた。当該力士は現在、都内の病院に入院中という。

 芝田山部長によると、力士は4月4日から2日続けて発熱。一度は回復したが再び高熱が出て、体のだるさ、息苦しさやせき、血たん(血の混じったたん)の症状を訴えたという。8日午後に、新型コロナの簡易検査を受診。協会は一度「陽性」との報告を受けたが、「先ほど病院から連絡があり、『陰性でした』と。今は本検査(PCR検査)を受けている状況。引き続き検査を受けている」と芝田山部長は説明。当初の検査結果は、間違いであるとした。

 発熱した力士は8日から入院中で、同じ部屋の力士は全員部屋での待機、その他の協会員は自宅などでの待機を命じられているという。部屋の朝稽古は現在中止。当該力士以外に体調不良を訴える部屋関係者はいないとしつつ「(力士の検査結果が)陽性、陰性でどうなるか分からない。陽性なら(部屋の)全員が検査を受けないといけない。だから部屋の中で待機している」とした。

 発熱した力士の春場所後の行動については現在調査中。4日以降、稽古を行ったかについても判明していない。仮に陽性の場合、感染経路について芝田山部長は「大阪から帰ってくる道中で、どこかから感染したということも考えられる」と話した。PCR検査の結果陽性なら、早ければ10日にも判明。陰性なら、11日以降に検査結果が分かるという。

 協会員から新型コロナの感染者が出た場合、既に2週間の延期が発表されている夏場所(5月24日初日・両国国技館)は開催が危ぶまれる。協会は今回の事態を受け、各一門の理事を介して部屋の師匠にコロナ予防策の再強化を通達。関係者の不要不急の外出も、一切の禁止とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請