青学大の原監督「一律100万円配ればいい」 TBS系「ひるおび!」で新型コロナへの経済対策を大胆主張

原晋監督
原晋監督

 今年の第96回箱根駅伝(1月2、3日)で2年ぶり5度目の優勝を果たした青学大の原晋監督(53)は9日、TBS系の情報番組「ひるおび!」に出演し、新型コロナウイルス感染拡大の影響による経済対策について「かけ声だけでは進まない。自粛要請され、商店や現場の人たちは生きていくためにどうなるんだ、ということです。一律100万円配ればいいんですよ」など、大胆な主張を行った。

 原監督はこの日、東京・町田市の選手寮で生活を続ける46人に「緊急事態宣言の前と後で意識が変わったか」と緊急アンケートを取ったという。「9割の学生は変わっていない、と答えた。おかしいじゃないか、と思ったが、よく聞くと、緊急事態宣言が出る前から町田寮を中心に規則正しい生活し、不要不急の外出はしていない、ということだった。前向きなアスリートとしての発言だった」と説明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請