ミシェルが涙の帰国「大好きな日本に必ず帰ってきます」

母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と「ハートマーク」で別れを惜しんだ
母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と「ハートマーク」で別れを惜しんだ
マスク姿で母国・フランスへ帰国したミシェル騎手
マスク姿で母国・フランスへ帰国したミシェル騎手
母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と別れを惜しみ涙を流した
母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と別れを惜しみ涙を流した
フレデリック・スパニュ氏と母国・フランスへ帰国したミシェル騎手(右)
フレデリック・スパニュ氏と母国・フランスへ帰国したミシェル騎手(右)

 今年1月から南関東競馬で短期免許を受けて騎乗していた女性フランス人ジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手(24)が4月9日、成田空港発の航空機で母国・フランスへ帰国した。

 新型コロナウイルスの影響もあり、当初の予定を早めての帰国となったミシェル。成田空港では「帰りたくないよ…」と目に涙を浮かべながら「大好きな日本に必ず帰ってきます」と報道陣に手を振って、出国ゲートをくぐった。

 短期免許を取得して今年1月27日から騎乗を開始。約2か月で積み重ねた白星は、一度の短期免許期間では最多記録となる30勝。再来日は未定だが、今秋のJRA通年免許受験への意向を明かしている。

母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と「ハートマーク」で別れを惜しんだ
マスク姿で母国・フランスへ帰国したミシェル騎手
母国・フランスへ帰国するミシェル騎手は関係者と別れを惜しみ涙を流した
フレデリック・スパニュ氏と母国・フランスへ帰国したミシェル騎手(右)
すべての写真を見る 4枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請