宝塚歌劇が一気に6月末まで全公演を中止…雪組、月組のトップコンビの退団日も延期に

スポーツ報知
宝塚歌劇の本拠地・宝塚大劇場

 宝塚歌劇団は9日、全公演の中止期間を6月末まで延長すると発表した。また、7月以降の公演予定は兵庫・宝塚大劇場、東京宝塚劇場のスケジュールの見直しも含めて検討するという。

 このため、10月11日付での卒業を発表していた雪組トップコンビ・望海風斗(のぞみ・ふうと)&真彩希帆(まあや・きほ)、来年2月14日付で卒業する月組トップコンビ・珠城(たまき)りょう&美園さくらの退団日も、それぞれ延期が発表された。

 従来なら兵庫・宝塚大劇場の花組公演「はいからさんが通る」は3月13日に、東京宝塚劇場の星組公演「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」「Ray―星の光線―」は同27日にそれぞれ初日の幕を明ける予定だった。しかし、再三の中止延長決定に加え、新型コロナウイルス感染防止の政府対応などを受けて今月7日に「当面の中止」を発表。さらに、政府から7日に兵庫、東京も対象になった緊急事態宣言が発令されたことで、ともに上演が絶望的になっていた。

 劇団としては本拠地の花組、東京の花組ともに生徒(タカラジェンヌ)が稽古を重ねた作品への情熱に応え、成長を促す必要がある。仮にスケジュールを繰り下げて花組、星組が7月に再開するとすれば、その後に控えていた月組、宙組、雪組は後ろにズレる可能性がある。

 そうなれば、今月24日に予定されていた第106期生の初舞台公演の月組「WELCOME TO TAKARAZUKA ―雪と月と花と―」「ピガール狂騒曲」の開幕は、夏ごろを目指すことになりそうだが、劇団広報は「まだ検討中で何も決まっていません」。全公演が流れた宙組の外部劇場公演「フライング サパ」「壮麗帝」の外部劇場2公演や、雪組の2公演なども完全中止か延長かは未定だという。

 劇団によると生徒は稽古を中止しており、自宅待機している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×