小倉智昭氏、政府と東京都の休業要請の隔たりに疑問「なんで判断が分かれるんだろう。補償だけじゃなくて休業要請もスピード感をもってやらなきゃダメ」

小倉智昭氏
小倉智昭氏

 9日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令後の対応をめぐり、政府と東京都の隔たりが表面化していることを伝えた。

 特別措置法に基づく商業施設などへの休業要請を急ぐ都に対し、政府は住民の不安をあおり買い占めなどにつながりかねないと危惧し、双方の調整が難航している。東京都は11日から外出自粛のほかに事業者に休業を要請をする方針の一方で、国は「今回の宣言で外出自粛が自主的に進む認識」で「効果が出る2週間後に向けた対策を考えるべき」などと対応に隔たりがある。

 こうした対応の違いに小倉智昭キャスターは「なんでこういうことで判断が分かれるんだろうね。日々、500人以上の感染者が出ているわけでしょ。補償だけじゃなくて休業要請だってスピード感をもってやらなきゃダメだと思うんです」と指摘した。

 その上で「だいたい、都の発表があって大手のデパートは、かなり長期間の休業を発表しているじゃないですか。そういうところはどうするの?またやりますっていうの?」と疑問を投げかけていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請