岡田晴恵教授、休業要請で東京都と隔たりある政府に「平時の指揮官がやること…ウイルスと闘っている緊急時にやることではない」

テレビ朝日
テレビ朝日

 9日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令後の対応をめぐり、政府と東京都の隔たりが表面化していることを伝えた。

 特別措置法に基づく商業施設などへの休業要請を急ぐ都に対し、政府は住民の不安をあおり買い占めなどにつながりかねないと危惧し、双方の調整が難航している。東京都は11日から外出自粛のほかに事業者に休業を要請をする方針の一方で、国は「今回の宣言で外出自粛が自主的に進む認識」で「効果が出る2週間後に向けた対策を考えるべき」などと対応に隔たりがある。

 こうした対応の違いに元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は「今は平時ではないんです緊急時なんです」と指摘した上で政府の方針に「平時の指揮官がやることであって、ウイルスと闘っている緊急時の指揮官がやることではないような気がします」と訴えた。

 さらに感染者が拡大している現状を「崖っぷちを落ちている可能性もある」と表現し「そういう時は思い切ってズバッとやるしかなくて、これは私が政治家じゃなくて単なるウイルス学者だからやれるかもしれないですけど、こういう緊急時の場合は相手はウイルスなんで、そこを考えて私は即座にやるべきだと思います」とコメントしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請