泉谷しげる「来年必ずや」 「阿蘇ロックフェス」新型コロナ感染症拡大の影響で中止

昨年の阿蘇ロックフェスでパフォーマンスする泉谷しげる
昨年の阿蘇ロックフェスでパフォーマンスする泉谷しげる

 シンガー・ソングライターの泉谷しげる(71)が発起人を務める「阿蘇ロックフェスティバル2020」(5月30、31日、熊本・野外劇場アスペクタ)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止されることが9日、発表された。

 開催について検討と協議を重ねてきたが、来場者と出演者、関連する関係者の安全を最優先とし、中止を決断した。同ロックフェスは15年にスタート。16年4月の熊本地震後は、被災地の復興支援を目的の1つに開催されてきた。

 泉谷は「現時点で、新型コロナウイルスの感染が止まらないので、今年、中止にしなきゃならんのは本当に残念である。何が残念かというと、阿蘇ロックフェス初の2日間開催を目指したし、何よりぜいたくなアーティストたちを集めてたからね~。こんなメンバー、2度と集められるか!だよ」とコメントした。「個人的なことだが、泉谷しげるは、今年で、阿蘇ロックフェスティバル『最後の出演』にするつもり~と、もくろんでいただけに、それができないとは~、ほんとコロナのバカヤローだ!こうなっては、『幕引き』を、他の都合でさせられてたまるか!オイラは、引退を一時撤回しますぜ。コロナと戦い、来年度、必ずや『阿蘇ロックフェスティバル』を開催したる!に燃えてるのだ。皆さん、コロナと戦い、来年、元気に逢(あ)いましょう」と力強く宣言。独特の言い回しで、中止の悔しさと、来年に向けた意気込みをつづった。

 チケットはイープラスで返金処理されるため、払い戻し手続きは必要ない。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請