名古屋競輪が当日朝中止 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため

 名古屋競輪を主催する名古屋競輪組合は、8日から10日までの予定だったレースの開催を取りやめた。競輪報道関係者に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことから、参加選手の間に感染症拡大に対する不安が広がり、8日午前9時30分頃に選手側と協議した結果、当開催を中止することを決定した。

 参加予定の選手は前検日の7日に男女104人が競輪場に入り、8日からのレースに備えて宿舎に泊まっていた。7日夕には東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県に緊急事態宣言が出され、同日中に対象の都府県を中心に6つの競輪開催の中止が決まったばかり。愛知県には緊急事態宣言は出されていないが、異例の開催取りやめとなった。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請