【阪神】コロナ感染の長坂拳弥が退院…藤浪、伊藤隼とともに当面待機指示

新型コロナウイルス感染から退院した(左から)長坂、藤浪、伊藤隼
新型コロナウイルス感染から退院した(左から)長坂、藤浪、伊藤隼

 阪神は8日、新型コロナウイルスに感染した阪神・長坂拳弥捕手(25)が入院していた兵庫県内の病院を退院したことを発表した。今後は当面の間、関西圏内のホテルで待機となる。

 長坂は球団を通じて「このたびはファンの皆様を始め、球界関係者の方々、そして多くの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。今後は今まで以上にプロ野球選手としての自覚を持って生活し、一生懸命野球に取り組んでまいります」とコメントした。長坂は感染源の疑いがある、3月14日の大阪市内の知人宅で開かれた会食に参加。選手、知人合わせて13人以上が集まり、出席した藤浪、伊藤隼に女性3人の感染も明らかになっていた。

 長坂は同月18日に発熱。当初は風邪と診断され、一時隔離を経て、同24日に2軍練習に合流したが、翌25日の練習後に食事の味が感じにくいと申し出た。26日にPCR検査を受け、陽性判定が出たため、27日から兵庫県内の病院に入院していた。

 すでに入院していた伊藤隼、藤浪は自宅待機しており、これでプロ野球界から初の罹患者となった3選手が全員退院した。

◇新型コロナ感染の藤浪ら3選手の経過と症状

▼藤浪選手

 3月21日 匂いを感じにくい等の自覚症状を覚える。

 22日~23日 甲子園球場で練習。

 24日 本人より匂いを感じにくい自覚症状の申し出があり、甲子園球場で練習後、兵庫県内の病院を受診。

 25日 甲子園球場で練習後、兵庫県内の(24日とは別の)病院を受診したのち、PCR検査が必要との連絡がドクターより電話であった。

 26日 大阪府内の病院で受診後、検体採取。PCR検査実施。

 26日深夜 陽性判定。

 27日 大阪府内の病院に入院へ。

 4月7日 大阪府内の病院を退院して、自宅待機。

▼伊藤隼選手

 3月22日 食事の際、匂いを感じにくいと自覚症状有り。

 23日~25日 鳴尾浜球場にて練習、試合

 26日 藤浪選手の状況を踏まえて、球団からヒアリングを受けた際に、(花粉アレルギーで毎年同じ自覚症状ではあるが)匂いを感じにくい旨の申し出有り。大阪府内の病院を受診。PCR検査の必要の判断。検体採取。PCR検査実施。

 26日深夜 陽性判定。

 27日 大阪府内の病院に入院へ。

 4月5日 大阪府内の病院を退院して、自宅待機。

 

▼長坂選手

 3月18日 発熱症状があり練習を欠席し病院受診。肺炎症状もないため風邪と診断。

 19日~23日 自室にて療養。

 24日 鳴尾浜にて練習。

 25日 鳴尾浜にて練習。練習後、食事の味が感じにくいとの申告あり。

 26日 大阪府内の病院を受診。PCR検査の必要の判断。検体採取。PCR検査実施。

 26日深夜 陽性判定。

 27日 兵庫県内の病院に入院。

 4月8日 兵庫県内の病院を退院して、関西圏内のホテルで待機。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請