紀平梨花も…樋口新葉も…拠点リンク完全閉鎖 フィギュアスケート

紀平梨花
紀平梨花

 緊急事態宣言が7日、発令された。フィギュアスケート女子の紀平梨花(17)=関大KFSC=らが拠点とする大阪府内にある関大のアイスアリーナも完全閉鎖。今後は、使用可能なリンクを探して練習するとみられる。

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響は冬季競技にも出ている。フィギュアスケートの全日本女王・紀平が練習拠点とする関大のたかつきアイスアリーナは6日から閉鎖。大学で課外活動が禁止となっているため、選手は誰一人、アリーナに入ることができない。期限は決まっていないが、大学の広報担当は「状況を見て判断」と当面は閉鎖が続く方針。紀平ら選手は、今後は専用貸し切り営業を行う関空アイスアリーナ(木下グループアイスアリーナ)など、使用可能なリンクを転々としながら練習するとみられる。

 また、樋口新葉(19)=明大=が拠点とする明治神宮外苑アイススケート場は8日から、個人の貸し切りを含めて完全閉鎖。現時点では宣言解除の目安となっている5月6日までの予定で約1か月間にわたり、リンクが使えない状況。その他、KOSE新横浜スケートセンターも8日から5月6日まで完全閉鎖となる。シーズン中のスポーツだけではなく、冬季競技の選手たちも厳しい状況に置かれている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請